コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

負け記録

 こんなもの本当は書きたくないのだが、勝った記録より負けた記録のほうが場合によっては価値があるので書き残すことにする。
 それぞれの職業を相手に、負けた時の状況などを綴ろうと思う。

ドラグーン
 相手のスキルとスキルの間の隙を突こうと狙ってみるのだが、容易く成功しない戦術である。相手の攻撃力は極めて高い為、そう何度も仕切り直しをすることが出来ない。結局連続攻撃を受けてこちらが沈められてしまう。
 通常の立ち回りで先手を取れるかどうかに掛かっており、上手な相手には負ける。

スラッシャー
 この職業を相手に接近戦は有り得ないのだが、移動速度が速く、バックダッシュにも容易に追いついてくる相手だと高確率で捕まってしまう。加えてインフェルノ装備並の高い攻撃力を持っている場合はそのままやられる。
 スラッシュムーブの使い方が上手な相手には逃げ切れない場合が多い。回復の隙がないと勝つことが難しい。

ホーリーナイト
 どちらが相手のHPを多く削るかの勝負になる。立ち回りの上手さと5分間の勝負の組み立てが重要。隙の大きい技を出した際に、背後に回りこまれることが多い。コンボの組み立てを間違えると反撃をもらう。
 ハメを狙うのは同職として如何なものかと思うので自分はやらないのだが、そんなことを言っているから負ける。

ゴッドハンド
 HPと立ち回りで勝つというのは非常に難しい。そのために備わっている回復スキルなのだが、ヒット&アウェイに徹したゴッドハンドだと総ダメージ量の差で負けることがある。こちらが有利になる程度にキル数を稼ぎたくても、硬いゴッドハンドが逃げている内はなかなか倒すことが出来ない。

エレメンタルマスター
 ウィンドウォークに因る素早い移動と、射程ぎりぎりから撃ってくる長距離スキルで一方的にダメージを負うことが多い。追い詰めてもブラックホールで封じられて属性メテオを受けてしまう為距離を詰めることも出来ない。ダメージ総量で圧倒的に負けるので1キル差では判定負けをする可能性が高い。

ミンストレル
 ホーリーナイトと同様に、より多くダメージを与えたほうが勝つ。水魔法の射程内に入って攻撃を仕掛けることはかなり難しく、一度のチャンスで与えられるダメージ量もたかが知れている為不利と言える。
 うっかり精霊の手を見過ごすと大変なことになる。

ルーインウォーカー
 こちらは地上で攻撃を受けると転ばないのでマネーアタックが命中するとトラップボックスもそのまま当たることが多い。こちらのHPがそれなりに減っている状態だとそこでやられてしまう。クリティカルが出ればそこでKBしてしまう為押し切ることも難しい。

デュエリスト
 防御面で特化したホーリーナイトなら良相性なのだが、そうでない場合は最悪に相性の悪い相手と言える。決闘ガリバー銃に11以上のエンチャントがされているか、それ同等の火力を持っている相手には非常に苦戦する。こちらの射程内にまで近づくには一筋縄ではいかないことは言わずもがな。

マシーナリー
 ライキリに因る一発逆転が敗因の最たる候補。通常の立ち回りならこちらに部があるのだが、壁際に追い詰められてしまうとプッシュと併せて一方的にやられる。
 HP特化した場合もKB性能の差から押し負けることが多い。一度全快する能力もあるので判定勝負に持ち込まれると厳しいものがある。

 基本的に相手がある程度近距離まで攻めてきてくれないと、こちらの攻撃性能的に不利と言える。ヒット&アウェイを基本戦術とする相手は、エジプトが最も苦手とする分野なのかもしれない。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。