コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

寝不足の弊害

 去年のお話ですが、徹夜明けの状態で確定申告に行きました。前年までは人の手を借りて書類を作成していたので今度は自力で申告書を書こうと手引き書を読みました。しかし内容が全く頭に入らず、「収入の所得の違いが解らぬぅ」と1時間も悩み、やっと理解した頃には力尽きて結局職員に聞いて申告書を完成させました。
 書類を理解するために説明を読もうとしても、1行読む頃には前の行に書かれている内容を忘れる、という信じがたい状態に陥っていました。
 徹夜で作業をすることは以前からありましたが、大抵は単純な作業以外はやらないようにしていました。理由は能率が出ないからですが、こんなにも脳の処理能力が下がるとは思いませんでした。
 今年はそれを意識して充分に寝てから確定申告に行きました。申告会場はこの日が最終日ということで相談所が3時間待ちの状態、仕方なく自力で書類を作成することにしました。

 10分で出来上がった。

 去年の経験が活きているのか脳が正常に働いているのか、とにかく何も混乱するようなことがありませんでした。しかも手引き書を全部読んでも疲れない。脳を休ませればちゃんと働くのだと実感させられてしまいました。

 大切なことを決断するときには、よく考え、そして一晩寝てから決めろ、というのが自分の経験から導き出した格言です。眠るというのは脳にとって非常に重要なのです。
昼寝
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。